読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとこの場を借りまして

適当に書いてます。

サービスという名の罰ゲーム

頭ん中のひとりごと

何の罰ゲームだよ

と思わず突っ込んだニュース。

www.news24.jp

 

「海外から来られたお客様から、ガリやわさびの増量の要望が非常に多いため、事前確認なしにサービスとして提供した」 

 っていうけど、味の好みは個人差あるじゃん。

好きでたくさん入れてほしい人がいたり、逆にそうじゃない人がいたりさ。

「海外から来たお客様だからわさびを大量に入れちゃえばいい」なんて一緒くたにしちゃいかんね。

よりによってわさびって。そんなサービス要らん。確認すべきでしょう。

 

私は飲食店の厨房で働いてるけど、「あの人、外国人だから味付けを変えよう」とかそういったことは考えたことないね。

お客様の要望があって変更することはあるけどね。

(うちの店の場合、味付けの要望よりも、苦手な食材を抜いてほしいってのが多いけど)

要望がないのに勝手に変えることはない。しちゃいかんし。

 

よく、上司から

「お客様の立場に立って考えよう」

って言われます。自分が客だったらどう思うかって考える。

今回の件でいうなら、もし寿司屋に行ってわさび大量の寿司出されたら、どう思うだろう。わたしゃやだ(キッパリ)

私はそんなことされたら、二度とその店行かないよ。金払って変なもん食わされるなんて、たまったもんじゃない。

もっと言っちゃうと、「金払って嫌がらせされるってどんな罰ゲームなんだよ」とも思うし。

 

・・・という感じで、お客様の立場で考えれば、勝手にわさびを大量に入れるなんてしなかっただろうなと思います。

そういった想像力って大切ですね(しみじみ)

 

休みの日は仕事のことなーんも考えない日にしてるんだけど、ニュースを見てたら他人事じゃなかったんで、こうして書いたわけです。

しかも、なんかクソ真面目に書いてるし。こりゃ猛暑になるわけだ。慣れないことはするもんじゃない。

そんなわけで(どんなだ)、今日は熱中症に気をつけてお過ごしくださいませ。